あゆむ/プロ素人コーチのスパイク指導

試合に出るたびブロックのカモになっていた169cmのチビが27日で決定率75%のエースに到達するためのスパイク上達法をお伝えします!

あるスポーツの技術を応用、瞬時に反応する方法

んにちは!

 

あゆむです

 

バレーボールから一線退いてから

久々にバレーをすると、ボールのスピード感

についていけずに反応できないですよ、、、

 

f:id:ayumuvolleyball:20180412000908j:image

 

あなたもバレーボールをしていて

相手のトスに反応できない、

スパイクに反応できないと

思ったことはないですか?

 

f:id:ayumuvolleyball:20180412001809j:image

 

今回教えることをバレーボールに

活かすことによって、今まで反応できなかった

ボールに反応することができるようになります

 

f:id:ayumuvolleyball:20180412002437j:image

 

早速、今回教えることは、

 

 

 

  スプリットステップ!

 

このスプリットステップは

テニスで使われている素早いサーブなどに

瞬時に反応するための技術です!

 

f:id:ayumuvolleyball:20180412003059j:image

 

このスプリットステップを実際に

バレーボールに活用すると、

ブロックのステップの1歩目が

瞬時にでるようになります!

 

スプリットステップは、

小刻みにジャンプをして、

セッターのトスにタイミングを

合わせることです。

 

 

そうなれば、相手のスパイカーが打つ時に

必ずブロックにつくことができ、

チームのピンチを救える選手になっています!

 

f:id:ayumuvolleyball:20180412004336j:image

 

ですが、スプリットステップを

ちゃんと意識できないと、

 

ブロックの1歩目が遅れてしまい、

ブロックが完成する前に相手にスパイクを

打たれて得点を取られてしまいます。

 

その結果、レシーバーの邪魔をしてしまい

チーム内の連携が崩れてしまうことに

つながります。。。

 

そして、大事な試合での敗北

原因にもなりかねません!

 

f:id:ayumuvolleyball:20180412005259j:image

 

 

でも、なぜ、

スプリットステップをブロックに

活用するのかというと、

 

セッターのトスに瞬時に反応して

1歩目の足をすぐに出せるようにするためです

 

f:id:ayumuvolleyball:20180412011435j:image

 

ブロックが機能すれば、レシーバーも

チームもだいぶ楽になって、

ゲームメイクもしやすくなりますね。

 

では、どうやってブロックに活用すべきなのか

それは、小刻みにジャンプしながら

常にかまえてセッターのトスにジャンプの

着地のタイミングを合わせてください!

 

 

そうすれば、身体がすぐに反応して

動いてくれます!

 

f:id:ayumuvolleyball:20180412014620p:image

 

早速、立ち上がって

ブロックのかまえをつくりましょう!

 

 

そこからスプリットステップをして

左右に1歩目の足を出す練習をしましょう!

 

そうすれば、普段の練習や試合で

自然とできるようになります!

 

f:id:ayumuvolleyball:20180412014906j:image

 

スプリットステップをマスターすれば

あなたはブロックも速さも兼ね備えた

選手として試合で活躍できることでしょう!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます